~ 土地を探す際の注意点とポイント ~

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】毎週水曜日、第1・3火曜日、夏季、年末年始

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2019年02月28日

~ 土地を探す際の注意点とポイント ~


みなさまこんにちわ!
不動産のことならエム・ハウジングへ♪


本日は2月28日!
はやくも年明けから3ヶ月目を迎えようとしております。

繁忙期もあっという間という感覚ですね~
特に賃貸をお探しの方は3月が一番混みあう時期なので、お部屋探しに全力を注いでください!(笑)


さて、本日は売買を豆知識をご紹介いたします!

物件を購入して新生活を迎えたい!
と思っている方はたくさんいらっしゃいますが、中古物件や新築戸建てなど以外に
物件を探す方法がもう一つございます!

それが、土地の購入です!

特に新築の一軒家をご希望の方は視野に入れられる方が多いですね!

今回はその土地を探す際の注意点や知っておきたいポイントをお話いたします!

  

土地探しのポイント


それでは土地を探す際、 どんなことに気を付けなければいけないのか、ご紹介いたします!
 

生活環境を考慮する


まず、会社や学校、よく家族で出掛けるところへのアクセス状況をはじめ、
公共の施設や病院、スーパーなどへの利便性を熟慮し、騒音などの気になる環境かどうかをチェックしましょう!

 

購入に際しての土地形状や方角、方位


台形、円形、三角といった変形の土地は家屋が建てにくいため
長方形や四角、正方形に近い形状が望ましいです。
 
方角、方位は南向きがベストで人気が高いですが、
土地の価格も固定資産税も当然高くなってしまいます!
 
間取り等により光の採り入れや工夫によって暮らしやすい方法を検討するのも一つの考え方です!
 

購入検討している土地の地盤

田、畑、または水路があったと思われる場所は、水が湧きやすく、地盤沈下する恐れがあります。 
しっかりと造成されているかどうか調べましょう!
 
方法としては、地耐力検査があります。(土地の所有者の承認が必要になります)
 
傾斜地は特に地盤が弱くなりやすいので、検査を受けることをお勧め致します。
造成に関しては、おおよそ造成から1年位、経過すると地盤が安定すると言われています。

建築を予定している家の大きさ

敷地にめいっぱいギリギリに、家を建てられるわけではありません!
 
「建ペイ率=敷地面積に対する建築面積の割合」と「容積率=敷地面積に対する延床面積の割合」
が必ず定められています。
 
望まれる土地、建物の広さを確保するためには
建ペイ率や容積率も大事な項目になりますので前もって調査しておく必要があります。

敷地に接している道路の幅

家を建てるためには、幅が4m以上の道路に、敷地が2m以上接していないといけません。
 
道路の幅が4m以下ですと敷地との境は後退します。
 
敷地の面積が小さくなる為建ペイ率、容積率も当然、小さくなります。
敷地と道路の関係も大切な条件になりますので確認しておきましょう。(道路幅は側溝等も含まれます。)

土地でも一度現地確認はしておきべき!

土地情報に関しては、インターネットや不動産情報誌などで
情報収集するのが第一歩と考えられますが、気になった物件があったら
納得するまで自分で、又は家族とともに見にいってみてはいかがでしょうか(^^)/

もちろん!当社スタッフにお申し付けいただければ現地までご案内させていただくこともできますので
是非お気軽にお申し付けくださいませ♪
 
 
日中と夜間、平日と休日、天候などで様々条件が変化していきます。
皆でじっくりと観察し、検討を繰り返して判断をして下さい!



京都市 伏見区 醍醐 日野 石田 の不動産売買・賃貸なら株式会社エム・ハウジングへ   
ページの先頭へ