「新築」の定義ってご存知ですか?

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】毎週水曜日、第1・3火曜日、夏季、年末年始

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2019年03月30日

「新築」の定義ってご存知ですか?

みなさまこんにちわ!
不動産のことならエム・ハウジングへ♪

今日は午後からすっかり雨になってしまいましたね( ;∀;)
雨が降ると花粉症が酷くなる気がするのは私だけでしょうか?!

さて、今日は不動産の広告でよく目にする【新築物件】について
ご説明させて頂きますね♪ 


せっかくの新生活。どうせなら、ピカピカの内装で新しい設備が整う”新築”の家を買いたい。
 
そう思う方は多いのではないでしょうか?
 
実際、「新築」というキーワードで戸建やマンションを探す方は多いでしょう。
 
では、この「新築」は、どのような定義なのでしょうか? 

新築物件の定義

新築物件とは、
  1. 建物が完成してから1年未満
  2. 過去、誰も入居したことがない
上記、すべての条件を満たした物件をいいます。このことは、
  • 品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)
  • 公正競争規約(不動産の表示に関する公正競争規約)
という2つの法律・規約で定義されています。

品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

品確法とは、消費者が良質の住まいを安心して選び、安心して住めるようにすることを目的とした法律です。
「新築の定義」に関しては、品確法第2条2項で定められています。

(定義)
第二条  この法律において「住宅」とは、人の居住の用に供する家屋又は家屋の部分(人の居住の用以外の用に供する家屋の部分との共用に供する部分を含む。)をいう。
2  この法律において「新築住宅」とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの(建設工事の完了の日から起算して一年を経過したものを除く。)をいう。

出典:住宅の品質確保の促進等に関する法律

公正競争規約(不動産の表示に関する公正競争規約)

公正競争規約とは、不動産の広告表現に関して、業界団体(不動産公正取引協議会)が設定したルールです。
 法律ではありませんが、行政機関の一つである「公正取引委員会」の認定を受けています。「新築の定義」に関しては、公正競争規約第18条1項で決められています。

(特定用語の使用基準)
第18条 事業者は、次に掲げる用語を用いて表示するときは、それぞれ当該各号に定める意義に即して使用しなければならない。
(1)新築 建築後1年未満であって、居住の用に供されたことがないものをいう。

出典:不動産の表示に関する公正競争規約

新築物件とは、「建物が完成してから1年未満」で「過去、誰も入居したことがない」の2つの条件を満たしていることが条件。

どちらか一つでも欠けたら、「新築」とは呼べません。

だから、不動産広告で築1年未満なのに”築浅物件”と紹介されていたら、「誰かが入居した後、1年未満のわずかな期間で退去したのだろう」と想像できます

築浅物件は比較的内装もきれいで価格もお求めやすい物件が多いので、
新築物件をお探しだけれども希望に近い物件が出てこない!というときには 
築浅物件も一緒に探してみるのがいいですね(^^)/ 

京都市 伏見区 醍醐 日野 石田 の不動産売買・賃貸なら株式会社エム・ハウジングへ    
ページの先頭へ