【空き家管理サービス】を活用しませんか?≪前編≫|京都市 伏見区醍醐、日野、石田の不動産のことならエム・ハウジングへ!

お電話でのお問合せ

075-573-7100

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】毎週水曜日、夏季、年末年始

2018年09月08日

【空き家管理サービス】を活用しませんか?≪前編≫

皆さんこんにちわ!
不動産の事ならエム・ハウジングへ!


さてさて、台風が去ってから台風の被害がポツポツと弊社にも寄せられております( ;∀;)

やはり多いのは、
・屋根の破損による雨漏り
・バルコニーの波板の破損
・テレビアンテナの損傷
・壁の崩落 
などですね…

 今回の台風は持ち堪えられたけれど、次に台風や地震が起きるとさらに被害が起きそうで怖いですね…

沢山のお家が被害に合われているのを見かけますが、特に気になるのは空き家の被害ですね。
 
恐らく、所有者様が遠方にお住まいや、お仕事などで現地を確認出来ていない為、
被害をご存じないのだと思われます。

また、近隣の方が被害を教えてあげようにも、相続された物件などで現在の所有者が不明な為、
連絡しようにも出来ないという状況もたくさんあると思います。 

【空き家】の所有者様には建物の維持管理義務があります

【空き家】といえども、建物に変わりはありませんので、
所有者様にはご自身がお住まいのお家と同じように、適正に管理する義務があります。

京都市では
『京都市空き家の活用、適正管理等に関する条例』が施行されています!
条例では、空き家の所有者・管理者に対し、適正管理の義務を課すとともに、
その義務を怠り、空き家が「管理不全状態」となった場合は、段階に応じて、
市長が改善のための指導を行います。 

管理不全状態とは以下のような状態をいいます。
〇空き家の倒壊や崩壊等により、人の生命、身体又は財産に危害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある状態 
〇空き家に簡単に侵入できるなど、地域の防犯上支障が生じている状態
〇樹木や雑草の繁茂等により、地域の生活環境の保全上支障が生じ、又は生じる恐れがある状態
〇外観等の汚損等により、地域の良好な景観に悪影響を及ぼしている状態

まさしく、台風や地震などが発生すると倒壊や崩壊の危険が高まり、
近隣の方などに被害を及ぼす可能性が高くなります !

特に空き家のまま放置すると、建物の劣化が進みます。
 
それを防ぐためには、定期的に空き家の状態を確認し、
清掃作業や適切なメンテナンスを行う必要がありますが、 
遠方にお住まいであったり、お仕事が忙しくてなかなか時間が取れない方もいらっしゃると思います。

そんな時には弊社の
【空き家管理サービス】がおススメです!!

長くなりましたので、【空き家管理サービス】の内容に関しては、≪後編≫で!

京都市 伏見区 醍醐 の不動産売買・賃貸なら株式会社エム・ハウジングへ   
 
ページの先頭へ