住宅ローンの事前審査を早く行うメリット

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】毎週水曜日、第1・3火曜日、夏季、年末年始

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2020年09月06日

住宅ローンの事前審査を早く行うメリット

こんにちは('◇')ゞ

今日は住宅ローンの事前審査についてお話をしたいと思います☆
 
「不動産屋さんに行くと、いきなり年収や借入状況を聞かれて不愉快だった」 と不満に思っている方は多いと思います。
「物件も見ないうちに事前審査を勧められた」「事前審査の書類に記入して源泉徴収票を持ってきて下さいと言われた」等々・・・

不動産会社は「このお客様は本当に物件を買えるのかどうか?」を調べたいために住宅ローンの事前審査を通したいのです。

確かに挨拶もそこそこに年収の話や借入状況の話をされると嫌な思いになりますよね。

ただ住宅ローンの事前審査を早い段階で通しておくことは買主さんにとっても有利に取引を進める強力な武器になることがあります。

では今から住宅ローンの事前審査のメリットをいくつかご紹介します。

【メリットその1】借りられる額を知れる

事前審査をすると大体の借りられる額が分かります。

借りられる額が思ったよりも少ない場合、物件価格を下げたり、自己資金をもっと取り崩さなければなりません。

事前審査をせずに【実は買えない価格帯】の物件ばかりを見てしまうと、物件選びや内覧の手間や時間が最終的にはすべて無駄になります。 

効率良く物件を探すためにも事前審査は大切なのです。 

【メリットその2】購入申込書を優先されやすくなる

物件は売り出されてすぐ購入申込書が出されることは珍しくありません。

さらに複数の候補者から同時に出され、購入戦争が起きることもあります。

さらにさらに購入申込書は先着順とは限りません。 

もちろん1番に出すことに越したことはありませんが、売主さん側で「この買主さんを一番手として話を進めたい」と指名することもよくあります。

人気物件とは時間との戦いなので気に入った後にのんびり事前審査を行う余裕もありません。

ですので特に人気エリアなどで物件選びをする場合は、物件を選び始めるのと同時進行で事前審査を通しておくことをオススメします。  

売主さんの立場になって考えるとよく分かります。

購入申込書を受け取っても本当に買えるかどうか分からない申込者とそのまま話を進めても、住宅ローンが通らなかったとなれば売ることができません。

もし他の買主さんを断ってまで話を進めたのに、最後の最後でローンが通らないとなれば大きな機会損失になります。

だからこそ多くの売主さんは「実際にお金を用意できる買主候補者さん」を最優先したいのです。 

また、事前審査が通っていないと購入申込書を受け付けないとする物件もたくさんあるのが現状です。 

【メリットその3】値下げは安心感があってこそ

条件交渉の際にも買主側の意見をくみ取ってくれやすいメリットもあります。

必ず買主側のお願いを聞いてくれるわけではありませんが、価格交渉では有利になりやすいのも事実です。

値下げ交渉を行うなら住宅ローンの事前審査を通しておかないと『買えるかどうかも分からないのにそんな話はしない』と突っぱねられる可能性が高いです。   

この価格交渉が終わればほぼ確実に買ってもらえると安心感を前提に話を進めると、いい条件で話がまとまりやすいです。 
 

まとめ

いかがでしたか?(^^)?

『事前審査って一体何を審査されるの?』『事前審査には何が必要?』『通るか不安、、』
 
など、色々な不安をお持ちの方は是非エム・ハウジングにお越しください!!

ローンのお話はもちろん、不動産について疑問に思うことは何でもご相談に乗らせて頂きます☆

伏見区、山科区、宇治市の不動産売買・賃貸なら株式会社エム・ハウジングへ  
ページの先頭へ