不動産投資のススメ

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】毎週水曜日、第1・3火曜日、夏季、年末年始

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2018年10月20日

不動産投資のススメ

皆様こんにちは!

本日は、投資用不動産に着目してお話したいと思います。
投資用不動産とは、簡単に言うと「賃貸物件として他人に貸して収入を得るために買う不動産」の事です。
ざっくり例に出すと、
銀行融資で購入したとします。
毎月の返済が、5万円だとして家賃収入が10万円だとすると、5万円の収入になる!と言う仕組みです。
勿論、銀行への返済だけでなく、固定の支出もありますし、修繕のお金も必要になります。
そのあたりを考えてまわしていくのが賃貸オーナー、大家さんのお仕事ですね。
うまく回ると、固定収入ですし生活が安定しますね♪
実際、
弊社にも収益物件を所持している社員がいます。 

今回は、収益、投資用マンションを購入するメリットをご紹介していきます♪ 

安定収入が見込める

収益物件を購入する理由として一番はこれですね。
物件の入居者が退去しない限り、賃料という形で毎月、安定した収入が見込めます。
不動産投資を本業としている人以外でも、不動産投資という収入の柱を持つことができる訳です。

将来の備えになる

投資用マンションの収入は不労所得です。
例えば、病気や、リストラ、定年退職等で働けなくなったとしても収入を生み出してくれます。
30代~40代で銀行融資を組んで収益物件を購入しておき、定年退職を迎えるころにローンを完済するように計算すれば、家賃収入が私的年金にもなりますね('ω') 

節税対策の一面も

現金や不動産は、その金額が相続税の課税対象になりますが、不動産であれば現金よりも不動産の方が相続税を低く抑えられます。それは、不動産は時価ではなく、時価よりも大幅に低い固定資産税評価額や路線価によって評価額が決定されるからです。生前に現金を投資用マンションに変えておくと、評価額は3分の1から4分の1程度に圧縮されますので、相続税の大幅な節税につながります。

生命保険代わりにも?

金融機関から借入れを行い、物件を購入した場合、基本的に「団体信用生命保険」(通称:団信)に加入することとなります。これに加入していると、万が一、加入者が不測の事態にみまわれた場合、残りのローン残高をすべて代わりに返済してくれるのです。保有を続けて定期的な賃料を受け取ってもよいし、売却して現金化することもできる、、、ただ、年齢や健康状態によっては保険に加入できない場合もあるので注意が必要ですね。

遠距離でも投資ができる

株などと同様、どこにいても土地への投資を成功させるための環境が整備されました。
管理を委託すれば、自宅と活用する土地が離れていても、問題はありません。



いかがでしたか?
メリットばかりお話しましたので、
こんなうまい話、あるわけない!と思われる方もいるかもしれませんね(笑) 
実際、デメリットももちろん御座います。
入居者がつかない場合は家賃が入りませんので、収入はありません。とか。
もし、今回の記事で少しでも興味をお持ちの方は、お気軽に
075-573-7100まで! 
 不動産屋としてだけでなく、先輩オーナーとしても弊社社員がご説明させて頂きますよ♪

収入を増やしたい、とかお気軽な感覚で構いません。
ご連絡お待ちしております!

京都市 伏見区 醍醐の不動産の事なら
株式会社エム・ハウジングへ 
ページの先頭へ